パッキングは自分で!師走の受付センターは混み合います。

今日はちょっと用があって宅配便の配送センターへ行ってきました。

メルカリなどのフリマアプリ専用の端末が一つ増えて、
スムーズにお客さんが伝票を作成している様子が見えました。
センター受付のみなさんがコツコツと周知してこられた結果ですよね。
センターでは手書きの伝票がありえないくらい!!

受付はとっても混み合っていて、大型の荷物も多かったです。
ゴルフバッグとかスキーの荷物だけじゃなく、ベルトのかかったスーツケースも。

それから仕事納めに間に合うように送っているのかな?という機材や
贈答かな?と思わせる箱も多かったですね。

私は子どもたちが小さい頃の帰省の時に、荷物を実家へ宅配便で送っていたことを思い出しました。
数週間の帰省のための冬支度。
荷物を背負わせられないくらいの小さな子たちを3人連れているから、送らないと移動すらままならないですからね。

荷物をダンボールへつめる

そんな帰省の荷物かな?と思わせる大きな箱もいくつかあった中で、ちょっと気にある出来事が・・・

自動ドアも閉まらないほど混み合っているのに、何もわかりませんといった素振りで受付の女性に声をかける老女。

「これ(紙袋2つ分の荷物)が入る箱あるかな?」と。

受付の女性が
「あちらにサンプルがあるので、大きさを試してください」
というと

「私が?自分で??」と。

結局、受付の女性は、外に出て箱を選び、ガムテープで箱を作り、紙袋二つを向きを立てに横に動かし、蓋をガムテームで閉じて・・・
パッキングを全部やってあげていました。

老女といっても、70歳前後。
絶対にあれは全部やってもらうべく並んでいたはず!
確信犯に違いありません!!

田舎のクリーニング店が代理店をやっている場合など、顔見知りや常連さんならガムテームで補強してくれることくらいあるかもしれませんが、そこは都会の配送センター。

外にパッキングするスペースが作ってあるのですから、自分でやってほしいものです。

年配の女性

ちなみに自分の親(71歳)はどうかというと・・・
スーパーでダンボールをゲットし、センターへガムテームを持参して補強が必要か確認しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポットチャーター いつでも承ります。
引き続き 高単価!大田区発ドライバー募集中

宅配ドライバーさん募集中!!
採用担当までお気軽にお電話ください!

応募ダイヤル☆050-3736-6465
各種お問い合わせはこちら:https://ik-logi.com/#recruit

コメントを残す